「仙台市西部地区観光地域おこし協力隊」募集!

仙台市西部地区は、泉ヶ岳周辺の山々の緑豊かな自然環境が残り、古くは伊達時代より米と薪、木炭の供給地帯でした。この地域は泉パークタウンや泉ビレッジを始めとする住宅地や商業施設に囲まれた農業生産地帯でもあり、七北田川(冠川)清流と共に集落と水田の里山風景が多く残っています。文化遺産も残る古い地域であると共に、仙台周辺部の住居地区として現在でも人口が増えており、新旧の町が混在する不思議な地域でもあります。

今回の応募には、地域をより良くしたい、古くからの伝説と新しい伝説を紡ぎ上げて地域を活性化したいという大きな希望と信念を持っています。
新しい街に住む人と古くからのご縁で結ばれた人たちと共に、泉西部地区の自然豊かな里山と歴史的な根白石の文化資源を活用し、緑の体験ゾーンや観光資源を活用した新しい産業、泉ヶ岳の清流を利用した、「泉水神米」のブランド化や第6次産業の形成を計り、観光資源としての育成と新時代未来志向の視点から共に創造し、一緒に泉かむりの里の地図に新しい物語を書き加えたい、若い未来志向の地域おこし協力隊員を募集いたします。

■泉かむりの里観光協会HPはこちら


*応募詳細・応募書類等は下記資料をご参照下さい。

泉西部地区観光地域おこし協力隊募集要項.pdf

泉西部地区観光地域おこし協力隊応募用紙.pdf

仙台市西部地区観光地域おこし協力隊とは

仙台市西部地区観光地域おこし協力隊は、仙台市が委託する活動支援事業者との雇用契約のもとで、西部地区(仙台市泉区西部地区)を主に「観光」に関する活動を行います。(仙台市との雇用契約はありません。)